モデルハウス日記

地元を知る2

こんにちは!!

今回は地元を知る2です。

引き続き、地元兵庫の建築に関係する探検です。

最初に神戸市中央区にある金属加工の会社、「ヤマナカ産業」さんにおじゃましました。http://www13.plala.or.jp/yamanakasanngyou/

写真の通リ様々な金属加工品を制作されていて、今回のモデルハウスにおいても先生がチョイスされる可能性があります。特に門柱(右側の写真)

鉄のスイッチ、たまらなくおしゃれです。

とても感じの良い会社様でした。

次にお邪魔したのは芦屋市にある照明器具のショ-ル-ムです。

「flame」さんという会社です。https://www.flame-product.com/shop/

芦屋川沿いにひっそりと店を構えておられる建築界ではちょっと有名なお店です。

とにかく何もかもがオシャレです。完全予約見学ですが、一見の価値有です。

最後に訪れたのは、同じく芦屋にある「旧山邑家住宅」ヨドコウ迎賓館です。

フランクロイドライトが唯一日本で手掛けた住宅です。

改装工事中の為、写真をアップ不可ですので残念ですが、とても親切に案内頂きました。

http://ydk-geihinkan.jugem.jp/

 

 

 

 

地元を知る!淡路島

こんにちは!!

本日は淡路島です!!

建築では淡路島といえば、「淡路瓦」が全国でも大変有名です。

今回のモデルハウスにおいても村松先生との打ち合わせにより、この淡路瓦を前回の里山25に続き、採用予定です。

「瓦」というのは色々なイメ-ジがありますが、実は数ある屋根材の中でも一番長持ちする屋根材だという事をご存知でしょうか?

100もつ屋根材は瓦だけだと言われています。勿論お手入れは必要ですが、寺院等がその耐久性を証明済みです。

瓦は重い為、耐震等にて心配する方もいらっしゃいますが、近年はちゃんと瓦の荷重を計算して耐震を維持していますので安心です。その重さゆえ、実は台風にも強いのです。

今回は、淡路瓦を様々な形で時代継承されている、タツミ様 http://www.tatsumi-oni.co.jp/

(タツミ様はショ―ル-ムしなっていますので、淡路に行かれた際は是非おたちよりください。)

今回仕様を検討中の 谷池瓦産業様におじゃま致しました。 http://shinogizan.com/

続いて淡路島の南部には、丹下健三氏の設計の「若人の広場」という作品があります。とても清々しい素晴らしい作品です。

京都のm邸、東灘区n邸見学会

こんにちは、今日は昨年末に完成見学会を行った2棟のお話です。

お客様、大変ありがとうございました。

詳しくは当社ホ-ムぺ-ジの施工事例に後日アップされますが、一部先行でアップ致します。

京都の家

東灘区の家

 

昨年の社員旅行

こんにちは!

今日は昨年社員の旅行に行った時の話をします。社員旅行と言っても研修と食文化の研究で行く旅行なのですが!!

昨年は福岡、山口へと参りました。

最初に福岡入りし、建築家の吉村順三先生が設計を手掛けられたお寿司屋さん「河庄」にて昼食を頂きました。お寿司の美味しさはさることながら、名建築を隅々まで見学を許可頂き、心おきなく見学致しました。ありがとうございます!!

次に、今回のモデルハウスでも外構工事にてお世話になる、「田瀬理夫」先生の代表作品のひとつ、「アクロス福岡」を視察しました。

下の写真の通り、都心のビルをまるごと緑化してしまった物凄いビルです。当初はある程度の在来種の木々を植えたそうですが、現在では鳥が種を運び当初の何倍もの種類の在来種の植物が育っている状態となっています。

皆様福岡に行かれた時は是非ご覧下さい。今回はこの先生がモデルハウスの外構を手掛けて頂ける予定です。

ちなみに「里山住宅博in神戸」https://kobe-sumai.jp/

の時の外構も田瀬先生でした!!

最後は福岡と言えば!!

2日目は最初に下関です!!市場でトラフグのてっさを頂きました。やはり美味しい!!

次に東京国立協議場の設計でお馴染みの「隈研吾」先生の設計された下関市にある「川棚の社」を見学し、長門の角島大島へ!!

その日の宴会では昭和を感じさせる垂れ幕です!!

そして元乃隅神社、萩を観光して帰路へ! とても充実した社員旅行でした!!

 

第一回目、プラン会議

こんにちは!!いなほ工務店 本(もと)です。

今回は、第一回目のモデルハウスのプラン会議の様子を報告致します。

村松先生に模型を持参頂き、熱い想いをお聞きいたしました。

社員にて先生を取り囲み、意見交換を行いました。

まだまだ変更もある為、公開は後日となります。

今回のプランはとても良く考えられていて、これからの変化がとても楽しみです。

地元を知る1

モデルハウスの設計に際し、村松先生の意向により地元兵庫県の名建築や、地元で作られている物等を色々見学し、建築に生かすというプロジェクトの第一回目に行ってまいりました。

今回は、最初に現在のNHK朝ドラのふく子さんが働いていたホテルの舞台となっている、武庫川女子大学、旧甲子園ホテルの見学です。この建物はSNSがNGなので、パンフレットの画像を張ります。とても凄い建物で、写真で紹介できない事がとても残念です。皆さまも是非見学に行かれる事をお勧め致します。完全予約制ですが!!


次に、巨匠の村野藤吾さんの作品で、西宮、宝塚、尼崎に建築された建物を見て回りました。

西宮の商工会、尼崎の大庄公民館、尼崎市役所、宝塚市役所、カトリック宝塚教会と見どころ満載となりました。

今回はこれだけでは終わりません。

次に、丹波立杭焼き視察、丹波織物視察、篠山の重要文化財視察と続きました。

この経験がどう生かされるかが今後見ものです!!

次回はも視察は続きます!!

モデルハウス設計依頼

こんにちは!!

モデルハウス日記ですが、日付が11月になっておりますが、ブログアップ前のネタをいくつか今後数点ご紹介いたします。

今回の記事は、平成30年9月の出来事の記事となっています。ひとつ前の記事は8月の時のお話しです。

モデルハウス設計に際して、自社で設計するのか、はたまた建築家に依頼するのか?とても悩みました。何せ「いなほ工務店」の今後の未来がかかってますので!!

色々検討した結果、静岡県の(有)村松篤設計事務所 村松篤 先生に依頼する事にしました。

この方がその先生です。モデルハウスのホ-ムぺ-ジに詳しく設計者としてのご紹介コ-ナ-もございますので詳しくはそちらを参照ください。

村松先生とは、何年か前に京都で偶然共通の知人(町の工務店ネット、小池代表)のお誘いにて中華をご一緒し、その時に私(いなほ代表者)が感銘を受け、その後村松先生の設計塾に計3年、設計の勉強を習いに行っているという間柄ではありながら、今回初めて「仕事」をご一緒することとなりました。

村松先生の建てた家は、いくつも見させて頂いていてとても良い設計をされると感銘を受け、社員一同の意見として今回の依頼となりました。

又、浜松の気候は日照時間が長く、瀬戸内の気候ととても似ている点も安心材料となり、当社得意の高断熱、高気密も融合したモデルハウス作りとなります。

丁度9月に設計宿が岐阜県高山市の視察をかね、行われたときの写真を張っておきます。

高山は大工の技術が高く、とても伝統的な家を沢山見る事ができ、モデルハウス作りにも生かせそうです!!

 

 

 

新モデルハウス建築予定地

こんにちは!!

里山住宅博in神戸、里山のある街角、ともに いなほ工務店モデルハウスを建築し、大変多数の方にご覧頂き大変ありがとうございました。

里山25、里山のある街角「に号地」ともに、ウッドデザイン賞も頂き社員一同感謝の気持ちでいっぱいです。

下写真は里山25

下写真は里山のある街角「に号地」

長年モデルハウスとして活躍した2棟ですが、最終とても良い方にお住まい頂く事となり、無事引き渡しを完了致しました。

現在、注文住宅モデルハウスがない為、新たに建築する事となりました。

まずは建築用地を確保しましたのでこれより完成迄、ブログにてお知らせしていきます。

こうご期待!!

ちなみに下の写真は新モデルハウスの現場です!!