モデルハウス日記

銘木選びと村篤設計塾。

こんにちは!!

今回は、伊丹市に建築中の「重層の甍」いなほ工務店モデルハウスの玄関の式台や、一部棚等

に使用する木材の選定を行ったお話と、「重層の甍」の設計を行った「村松篤」先生の2019年

の設計塾、第3回目のお話です。

モデルハウスに使用する材木の内、テーブルや棚、式台、手摺等、構造材以外にも沢山の材木

を使用します。ほとんどの材料は関西(兵庫、大阪、京都、奈良)にて調達できるのですが、

寸法や色味等、その時期にて関西にて手配ができない場合があります。今回は、その一部を

村松先生のご紹介という事もあり、岡山県の中塚銘木店という創業200年の老舗銘木店にて

仕入れを行う事となり、村松先生と岡山迄行ってまいりました。https://e-meiboku.co.jp/

創業200年らしい面持ちの会社様です。わくわくします。

下の画像に写っている方は中塚社長様です。

岡山も戦時中空襲に見舞われたそうですが、一部の蔵は焼けずに残ったそうです。

蔵には物凄い数の銘木が所せましと並んでいて、建築関係者としてはパラダイスです。

神代杉等普段お目にかかる事のない材料も沢山在庫されていました。

木材の状態、節の位置、有無、色具合等を丁寧に説明頂き、用意頂いていた材木を確認してい

ます。この作業はとても楽しいひとときです。製材前の材料の為、見た目に美しさは解りませ

が、お互い製材後の状態を頭に浮かべて選びます。銘木は、木によって表情や色合いが変わり

、ここは経験が生かされます。

下の画像は玄関に使用する栗の木の板です。

通常は、栗の一枚ものを式台として使用する事は少し贅沢ではありますが、モデルハウスの顔

となる部分でもありますので栗の木を採用しました。お施主様のご希望がありば、この様に部

分的に(全てでも大丈夫ですが)良い木材を使用すると、家に対する愛着が増す事になります。

費用の関係上最高級品とはいきませんでしたが、小さな節がある比較的状態の良い式台を選定

しました。節の部分はひょうたんの形の埋木を致します。完成後が楽しみです。

ちなみに現在式台等に無垢の一枚物を使用することはあまりありません。

一枚物は反りや価格面に少し難があります。

費用面で、幅はぎと言われる何枚かを繋げる材や、突板を使用するケ-スが多いのです。

この「栗」という木は数ある材木の中でも硬い広葉樹の木で、電車の線路の枕木として使用

されるほどの強度を持っています。式台にはうってつけの材料です。

銘木店の表に回ると「銘木バ-」なるレンタルスペ-スを展開されていました。

銘木は昔とは違いあまり使われなくなってきています。新建材と言われる工場製品が現代

の建築にて増えている事が原因ですが、我々は少しづつでも使い続けようと思います。

素敵な面持ちです。木の香りは人々の癒しを補います!!

木材の選定後、折角岡山に来たついでとばかりに建築物の探索です。

中塚社長様は快く私たちのお付き合いいただき案内して頂けました。

最初に「前川國男」設計の岡山美術館です。

現在「岡山芸術交流2019」というイベントが岡山にて行われていて、芸術で溢れています。

岡山美術館にもオブジェが置かれていました。

 

壁にレンガの小口を見せて埋め込んでいる珍しい建築です。

レンガの小口も不ぞろいとなっていて、なんとも言い難い良さが演出されています。

色々考えてチャレンジされているのだと感心させられます。

次に、同じく「前川國男」設計の天神山文化プラザです。

玄関正面にコンクリ-トの彫刻がある珍しい建築物です。どの様に彫刻されたのか不思議な感

じです。コルビュジェの影響からか不明ですが、芸術と建物の合体も普段全く考えて建築して

いませんが、何処でやってみたいと思います!!考えてみると昔の家には「欄間」「書院」等

普通に一戸建ての中に芸術があり、庭にも「灯篭」等芸術が普通にありましたが、現代の家は

建築とは別次元の芸術が存在しない気がします。現代にあった芸術を探してみたいと感じまし

た。

玄関の感じは前川作品そのものの感じで、前川先生のパネルが飾られていました。

当然前川先生はお会いした事が無く、イメ-ジが沸きました。

いなほ工務店モデルハウス設計の村松先生も「前川國男」がとてもお好きで、前川建築の聖地

と呼ばれる青森県の弘前市に先日行かれたそうです。弘前市にはなんと前川国男建築が8つも

あるそうで、私も一度訪れてご紹介したいと考えています。

下の左の画像の穴はなんと空調用の穴となっています。大変そうな仕事です。昔の人は凄い!!

右2枚の画像は天井に注目下さい。星空を証明にて演出されています。少し黒い色の天井は星空

を現しています。この天井の星空は個人的にとても気に入りました。こんな設計を何処かで行

ってみたいと思います。単に模様ではなく、照明を使う所が憎い!!

住宅用でほし柄のクロスは販売されていますが、実際照明を使っての演出は夢があります。

係の方にお願いをして特別に屋上にも上がりました。係の方も前川先生のファンの方で、色々説明

を頂けました。村松先生とはなんとも言えない盛り上がり方です。ありがとうございました。

左の三角の白い物体は天窓となっていて、ホ-ルに明かりを届けます。

真上からではなく横からの光を天窓として利用するこの手法は、我々の建築する一戸建てにも採用

できないか検討してみたいと思いました。これなら雨にも強そうです。

右は玄関にある彫刻を上から移した画像です。これだけの彫刻を掘るのに一体どの位工期がかか

ったのかと、良くない事が頭をよぎります。

最後に左から、建築当初からある照明器具と特徴的な木の手摺、天窓を下から見た画像となっています。

手摺があまりよく映せていませんが、なかなかのデザインです。かっこいい!!

光の加減が絶妙な加減となっていて、明る過ぎず暗すぎずで素晴らしい!!

この日既に充実した一日を送っておりますが、まだまだ続きます。岡山を出て今回の設計塾が行われる

博多(福岡)へと移動しました。この日の宿泊先も建築のお勉強となるホテルです。

設計は20世紀を代表する建築家の一人であるイタリア人建築家の「アルド.ロッシ」が日本で初めて設計

したホテル「イル.パラッツォ」です。http://www.ilpalazzo.jp/aldorossi.php 

流石にイタリア人建築家の設計した建物の説明は無理な為、画像を沢山並べます。

中も外もイタリア!! 内部は改装が何度か行われているそうですが、外部は当時のままです。

色使いは「イタリア」を感じさせます。イタリアには行った事ありませんが、イタリアを感じます。

が、しかし、今夜はこれだけでは終わりません。

博多と言えばラーメン、水炊き、明太子、もつ鍋等美味しい物の宝庫ですが、今夜はなんと

「孤独のグルメ」に出た事のあるお店です。「博多一富」さんというお魚がとても美味しいお

店に行きました。勿論予約して!! 予約無だと中々は入れない人気のお店です。

場所は博多の歓楽街の中州の中にあり、細い路地の奥にあります。場所は非常に解りにくい所

ですが、この解りにくさがまた良い所です。

事前に色々リサ-チを重ねて懇親のメニュ-選びです。最初に付き出しにて貝のお料理でした

が、絶品です。鯖ゴマ、鯵納豆を注文しました。鯖ゴマも絶品ですが、鯵納豆は最高でした。

納豆は、ヒキワリの物で臭みは全くございません。これは関西でも出す店がないか帰って

リサ-チしたいと思いました。ちなみに鯖ゴマも後日別の店で食べましたがこの店の鯖ゴマは

別物だと感じました。全てのメニュ-が凝ってます。

九州ですので勿論焼酎を忘れずに注文!! 焼きぎんなん、おきゅうと(海藻だそうです)と至福の時

は続きます。お酒を飲めない(ゲコ)先生を後目に、つい飲みすぎた気がしています。食が美味し

いとお酒が進みます。先生すいません!!

そしてトドメに若鳥のスープ炊きと言う鍋料理と雑炊です。鍋もさることながらこの雑炊は凄

い!!水分が少なめになる迄煮込まれた少しドロッとした食感で、濃厚だしがあっさりした最高

の一品でした。帰る時の時間は10時を回っていました。美味しい時間は経つのも早い。帰り

にお店の方に「いってらっしゃいませ」と送り出されました。流石中州です。でも我々は粛々

と帰ります。そしてホテルのバ-でもう一杯!!

とても充実した一日となった訳ですが、お話にはまだ続きがごいます。この日宿泊したホテル

「イル.パラッツォ」の朝食は日本一に輝いた事のある九州食材バイキングがついていました。

が、しかし、疲れからか痛恨の写真の撮り忘れです。しかたないのでこんな感じです。

http://www.ilpalazzo.jp/breakfast.php

昨日に続き、沢山いただきました。美味しさのあまり!! 完全に食ツア-化しています。

盛りだくさんの一日でしたが翌日からは設計塾です。

この日のスタ-トも建築物の視察から始まりました。はじめに福岡銀行本店です。この建物は、

黒川紀章さんの作品で、大きな吹き抜け空間を設けたデザインが特徴的です。

実物はとても大きく圧巻です!! 現在この吹き抜け部分は様々なイベントや市民の憩いの場と

して解放されています。

続いて福岡市文学館(赤煉瓦文化館)です。こちらは辰野片岡建築事務所の作品で、明治末期に

建てられた煉瓦造りの洋館です。とても良い感じの洋館です。辰野さんと言えば東京駅のデザ

インが有名ですが、この建物は正にミニ東京駅です。天井が高い建築はやはり洋館が似合いま

す。逆に日本建築は天井が低い方が落ち着く気がします。

こちらの文学館の一回にてエンジニアカフェなる物を発見。普段縁のないお話ですが、

「生物の構造と生態」と言う特別講演会のお知らせを発見!!時間が無くとても残念でしたが是非

聞いてみたかった。構造と生態とお題目がとても気になって仕方ありません。建築に置換えて、

「建築の構造と生態」というお題でいつかディカッションできそうです。

この日昼食は、「博多うどん」ラーメンが有名ですが、実は博多の方もうどんは良く食べるそう

です。讃岐と比べ少し柔らかめの麺ですが、美味でした。

続いて「アクロス福岡」です。私は二度目になりました、秋のアクロス福岡はまた違った良さ

を感じます。いなほ工務店とも縁の深い「田瀬理夫」先生が手掛けた、ビルを覆う緑の山です。

この屋上からの景色は最高なのですが、「山」だけに、階段以外の道のりはありません。

これも田瀬先生の拘りです!!

このアクロス福岡は当初在来種のみをビルの片側に植樹し、アクロス山を作りました。その後

鳥たち等が福岡の在来種の種を運んできて、現在は物凄い品種の植物が育っているそうです。

ビルですが、山です!! いなほ工務店ではこの手法を一戸建てに落とし込んだ田瀬流外構工事を

得意としています。里山住宅博の外構、里山整備も田瀬先生のお仕事でした。

まだまだ続きます。大濠公園能楽堂にまいりました。

舞台はやはり「桧舞台」です。無地の桧のみにて作られています。柱はそうとうな太さで、四

方雅の背割り無の桧が使用されています。現在では中々揃わない材料です。

実際の「能」は見たことがないのですが、機会があれば見てみたくなりました。

設計は、大江宏建築事務所です。ちょっと解りにくいですが、樋が大型建築ならではの作りと

なっています。

下の画像は能舞台横の「特別室」です。特別に中に入らせて頂きました。外からは中が見えなくなって

います。どんな方が利用されるのか? そこは聞けませんでした。

関西にてお手軽に能舞台を見学する方法があります。それは兵庫県三田市にある

「三田屋本店やすらぎの郷」です。三田牛のステ-キハウスですが、なんと能舞台があるのです。

三田牛のステ-キハウスとあってとても良いお値段なのですが、お昼のランチタイムは少しお手頃で、

お勧めです。私も実家が現在三田市にある為何度か訪れました。夜は行った事が無く能は見ていませんが。

大濠公園を端から端へと歩くと、岡山で見た建物と同じ設計者の「前川國男」作品の美術館があります。

入口にはご存知草間彌生作品が!!

最近あちこちに作品がありかなり見慣れているのですが、あると思わず写真におさめてしまいます。

「インスタ映え」する所がやはり一流なのでしよう!! 最初に見たのは瀬戸内海の直島でした。

ここの美術館の特徴は外壁面です。コンクリ-ト作りなのですが、コンクリ-トを抑える型枠

に「タイル」を使用しています。珍しい形で建築で、難しい建築です!!

タイルは2種類使われていて、いわいる二丁掛とひし形のタイル型枠が使われています。

このあたりから歩きすぎの状態となりかなり疲れてきました。しかし流石は村松篤設計塾です。

まだまだ歩きます。「御菓子處 五島」と言う和菓子屋さんにまいりました。

柿沼守利さん設計の建物で、モダンな感じの建物でした。歩き疲れた所に和菓子屋さん!!

あまい物を食べない手はありません。とても美味です。このお饅頭とは別に「モナカ」が有名

なお店の為、いなほ工務店お土産にモナカを購入し、購入している最中に建物の中をじっくり

観察させて頂きました。ありがとうございます。

ブログにするのも大変な位の盛りだくさんの一日となりました。この日の夜は懇親会にて博多の

水炊きを頂きましたが、疲れて画像の撮り忘れです!! さてさて翌日は設計課題の現場を見る所か

ら始まりました。造成中の現場で、今回ホストの九州八重洲さん所有の土地です。

電車の線路が近く、上空には飛行機が飛ぶかなり難易度の高い設計課題の敷地でした。

当社の周辺はやはり伊丹空港の飛行機が普通に上空を飛んでいて、電車も多いため、比較的慣れ

た課題の為、私としてはやり易かった課題となりました。

九州八重洲さんのホ-ムぺ-ジは、http://www.kyushu-yaesu.co.jp/

現場視察後、九州八重洲様のモデルハウスをひとつ見学ました。

博多は現在土地の価格がかなり高いそうで、この建物の土地も20坪程ですが、土地、建物合わ

せて6000万円もするそうです。我々阪神間でも中々無い高級な所です。

福岡は九州中から様々な物かーや人が集まってきていて、海外からの観光客の方も多い事が土

地価格の高騰に繋がっているみたいです。関西より高いイメ-ジです。

博多では、ホテル風の内装が現在うけているそうで、都会的な暮らしをイメージされていまし

た。ちなみに、いなほ工務店は「木の家」を意識した家づくりの為、大変勉強となりました。

     

締めくくりは設計講義です。あまりの盛りだくさんの状態にて最後に設計講義で、精神破壊

です。しかしながら今回も新たな発見が多数あり、今後の設計に生かせそうです。

昨晩お酒を飲みながら、村松先生に「もっと面白い設計をしなさい」と言われ、思わず先生

に対して、「最近先生の設計も大人しい」と言ってしまい、その事を講義にて話されていました。

良く考えると先生はお酒が飲めない為「素面」だったのです。いやいや「失言」でした。

次回は伊丹市に建築中のいなほ工務店モデルハウスの「重層の甍」上棟編をお届け予定です。

11月20日に上棟をとり行い、無事に上棟できました。少し進んだ状態にてのご紹介となります。

忘れていましたが、この日の昼食はやはり「博多ラ-メン」食べました。

博多ラ-メンは、紅ショウガと辛い高菜が良く合います。替え玉迄してしまいました。

設計塾なので、本来建築の話が本題ですが、食べログ状態になってしまいました。

いなほ工務店ではこの「村松篤設計塾」に通い始めて4年目となります。今まで社員6名が

参加を経験し、来年は更に別の社員も経験予定です。普段設計行わない社員(現場監督、営業)

等も参加していて、とても良い勉強と経験を得ています。伊丹市に建築中の、いなほ工務店

「重層の甍」モデルハウス完成時には社員一同建物の魅力をお話できる状態になりそうです。

では。

 

 

 

 

 

社員旅行in高知

こんにちは!!

先日、いなほ工務店社員旅行に行ってきました。

場所は高知県です。建築仲間の大阪の和光住建様が経営されている宿が高知県にあり、そこを目指して行ってまいりました。

移動は会社前よりバスによる旅行です。

尼崎~四国への移動は、淡路島を抜け徳島に入り、香川県を経由して高知入りとなります。

出発はして最初の昼食はやはり「讃岐うどん」です。

私はいつも釜揚げ派です。紅ショウガの天ぷらは関西地方でしか見ないそうですが好物のひとつです。

宿に行く途中に、高知県の小さな酒蔵に立ち寄りました。

桂月というちいさな酒蔵さんです。http://www.keigetsu.co.jp/

ちいさな酒蔵さんの為出荷量は少ないそうですが、味自慢の酒蔵さんです。

社員一同昼から大量に試飲を御馳走になり、気に入った種類を各々購入しました。

高知と言えば私は土佐鶴派だつたのですが、とても美味しいお酒に出会えました。

 

夜の宴会模様です。

社員が増えてきた事を考えると、考え深いものがあります!!

和光の社長様の計らいもあり、イセエビが丸ごと出てきて大喜び!!

宿の前は海!!

イベント用に使用する流木を皆で拾いました。

移動中のバスの中より仁淀川河口を撮影。

ここは実は知る人ぞ知るサ-フィンの超一級ポイントなんです。

波が大きくなるとチュ-ブと言われる大きな波が永遠と続く場所です。

私の知っている限りでは、同じ四国の海部ポイントを押しのけて更に良い波が来るポイントだと思います。

翌日は最初に高知市にある牧野富太郎植物園を訪れました。http://www.makino.or.jp/

私は2回目となります。

牧野富太郎さんとは、既に他界されておられますが、日本の植物の研究の第一人者の方でこの植物園は、

牧野富太郎さんの事を詳しく知れるだけではなく、様々に植物を見る事ができる植物園で、とても広く、

1日をかけてのんびり訪れる事も可能な植物園です。

里山住宅博in神戸の開催時には、牧野富太郎さんの植物図鑑を作成してお客様に配っていた思い出も

あります。この植物図鑑はまだ当社にかなり数がございますので、ご希望の方がいらっしゃれば、無料

にて配布致します。ご希望の方はお気軽に!!

この牧野富太郎植物園を抜けるとその先に、竹林寺というお寺があります。

この竹林寺の納骨堂を堀部安嗣先生(建築家)が設計され、建築学会賞を受賞されました。

丁度里山住宅博の時の出来事で、里山住宅博を堀部先生とも共有して作り上げた仲間としてとても嬉しい出来事でした。

納骨堂の建物は、周辺の自然ととても馴染んでいて、流石としか言い様のない建物でした。

堀部先生がいつもおっしゃっている、外観が主張しすぎない周囲の自然に溶け込む外観そのものでした。

見学を終え、旅の締めくくりはやはり「食」です。

高知に行けば、「カツオのたたき」これを堪能しないわけにはまいりません。

高知市のひろめ市場へ

ひろめ市場は市場に併設された、フ-ドコ-トの様なもので、地の物を買って

その場で食事ができる楽しい施設です。

高知で食べるカツオは最高でした!!

 

 

Q1住宅「重層の甍」、Ua値0.44

こんにちは!!

いよいよ伊丹市にて「重層の甍」いなほ工務店モデルハウス建築の基礎を着工致しましたが、

無事基礎の完成です。

綺麗に仕上がりました。基礎下も建物空間との認識の下しっかり洗います。

今日はこの建物の性能等について少しお話し致します。

いなほ工務店は日々様々な事を常に学習してより良い家造りを行っていますが、そのひとつ

として「新住協」http://shinjukyo.gr.jp/ という団体に加盟して、ここでは主に気密、断熱

について勉強を重ねています。ちなみに我々関西支部として活動(高気密、高断熱住宅の普及)

していてそのホ-ムぺ-ジは、https://chumonjutaku-q1.com/ となります。

「新住協」では一定の高気密、高断熱の条件をクリア-した住宅を「Q1住宅」と名付け、

この「Q1」住宅の普及活動及びより良い家の学習を行っています。

今回の「重層の甍」いなほ工務店モデルハウスは村松先生の設計ですが、気密、断熱のおい

ては当社と協議の上決定しました。

以前本ブログにおいて、気密は大事であると少しお話致しましたが、

https://www.inahonomachi.com/blog/263/ いくら断熱工事を良くしても、この気密がとれ

ていなければ全く暖房効果を得る事はできません。

簡単に言うと隙間が多い家となり、その隙間から暖気や冷気が逃げるばかりか冬は逆に外部

の冷気が建物内に侵入して結露を起こしてしまいます。

結露の原因は色々ございますが、一般的にはみの隙間風が原因となる事が一番多く見られます。

現新住協では最新式の「ボ-ド気密工法」という手法が確立されています。このボ-ド気密工

法を今回の「重層の甍」いなほ工務店モデルハウスにおいても行います。

その一部をご紹介すると

この様に部材を使用して、気密を確保していきます。

目安としては気密値(C値)は最低でも1未満が基本となり、建物の形状や断熱方法により数字が

変化します。C値は低い程隙間がないという結果となります。

いなほ工務店の前回の里山モデルハウスはC値0.4の実測値となり、良い方の結果となりました

。今回も0.5あたりの数値となる予定で進めています。

このC値は1を切るとあとはサッシの形状や天井の断熱方法、玄関部と土台部の気密部材等によ

り変化し、より低い数字を目指す場合は引き違いサッシを使わない設計、屋根断熱、玄関部の

基礎の切り下げを無くす等の設計に関する制限が発生します。

現在この数値合戦になりつつある傾向がありますが、1を切る数値であれば極端に下げるメリッ

トはさほどない事が実証されつつあります。

次に「重層の甍」いなほ工務店モデルハウスの断熱についてですが、今回のモデルハウス立地

は伊丹空港のすぎそばの立地で、日中飛行機の爆音が響いている地域です。

実は「高気密、高断熱住宅」はこの音には強い家の構造となっています。

様々な断熱材が存在する現代にて、音に強い断熱材はグラスウール、セルロ-スファイバ-、

ロックウ-ルとなり今回はロックウ-ルの吹き込みを使用します。

ロ-クウ-ルの吹き込みは密度が濃く、現在一番消音に効果的だと言えます。又、「新住協」

では現代様々多様な断熱材が存在する中にて、燃えない材料を使用しようという考えがありま

す。

一部ボ-ド系断熱材等は、外壁が延焼する前に内部の断熱材に火が回り、一瞬に家じゅう火が

まわる火事が実例としておきています。

現在不燃材として存在する断熱材はグラスウ-ルとロックウ-ルのみとなっていて、その他の

断熱材は燃えにくい様改良しされていますが不燃材ではありません。

特に壁面には電気の配線等が施工されいいて、ここには特に気を配る必要があります。

今回はセルロ-ス等と同じ吹き込みにて断熱施工を行う為、隙間なく断熱を施工致します。

だらだらと書き込んでしまいましたが、上記の結果を数値で計算すると、

この様になります。

これは、Qペックスと言われるソフトにて計算した結果です。

Q値は1.52 Ua値は0.44となり、Q1住宅となりました。

現在の法律では、Ua値において住宅の性能を評価する事を国は基本としています。このUa値も

低いほど高性能となります。

現代の次世代省エネの基準は本地域にてUa値0.87以下

ZEHは                Ua値0.6以下

延期された将来の基準ヒ-ト20G1は   Ua値0.56以下

延期された将来の基準ヒ-ト20G1は   Ua値0.46以下

という数値となっいて、今回のUa値0.44は国の指針をはるかに上回った数値となっています。

気密、断熱の次に換気という項目がありこの手法も影響が強い部位となります。

換気についても様々な考え方が存在しますが、当社はその建物の立地場所、立地環境により

換気手法を変えて採用しています。

換気の種類として第1種換気、第2種換気、第3種換気があり、一般的に多いのは第3種換気です。

第3種換気は自然給気、機械排気となります。

今回は、第一種換気を採用しています。給気、排気ともに機械にて行います。

但し、給気と排気の空気の熱交換を行う為冷たい外気はあたたい状態で、暑い外気は少し冷や

された状態にて室内に入ってきます。

これにより、冷暖房の消費を抑える効果を生んでいます。

又、建物の形状上ダクトレス第一種換気と言われる物を今回採用します。

このダクトレスは、熱交換部位が回部に近い為、北海道等の寒冷地では不向きのシステムです

が(凍ってしまう為)関西においては力を発揮するシステムです。

第一種換気は窓を開けると機能しないので考えてしまうという方もいらっしゃいますが、今回

の様な騒音がある場所等においてはそまそま窓を開けない環境の為、あっていると考えます。

立地により手法を変えるという事は正にこの事だと思います。

完成時には是非体験してくたざい!!